Hey!! My buddy!! What's up?


Life, I love you.                       All is groovy♪
by tsurumannen
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アホでケッコ-
単純明快 アホでケッコー
気分爽快 アホでケッコー
愉快痛快 アホでケッコー

天真爛漫 アホでケッコー
奇想天外 アホでケッコー
興味津々 アホでケッコー

人生一回 アホでケッコー
やる事なす事 アホでケッコー
俺もお前も アホでケッコー
 
健康第一 アホでケッコー
月火水木 アホでケッコー
サルでケッコー アホでケッコー

ア~ アホでケッコー
ア~ アホでケッコー
ア~ アホでケッコー

by Ulfuls 

★ゆかいな仲間Blog↓
こんなeveryday
KoA*Style
* アメリカ生活日記 *
以前の記事
検索
カテゴリ
全体
プロフィール


心の歌
食べ物
買い物
ファッション
英語交渉力
職場の仲間
わが町 アーバイン
Huntington Beach, CA
Corona Del Mar Beach
Newport Beach, CA
Crystal Cove, CA
Long Beach, CA
Redondo Beach
Fountain Valley, CA
Laguna Beach, CA
San Clemente, CA
Pasadena, CA
San Diego, CA
Carlsbad, CA
Torrance, CA
Tustin, CA
Hollywood, CA
West LA,CA
Downtown Desney, CA
Downtown LA, CA
Mojave Desert, CA
Malibu, CA
Palmsprings, CA
Santa Monica, CA
San Francisco, CA
Las Vegas, Nevada
Death Valley, Nevada
GrandCanyon, Arizona
Yellowstone, Wyoming
Salt Lake City, Utah
Denver, Colorado
Detroit, Michigan
Chicago, Illinois
Great States, Ohio
Mexico
日本
川越
東京
京都
鎌倉
茅ヶ崎
江ノ島
稲村ガ崎・七里ガ浜
御殿場
南九十九里浜
宇都宮
三重
中国・内蒙古区
絵葉書
オペラ
ヘアサロン
釣バカ日誌
豪邸探しツアー
ドラマ・映画・読書
鯨見物&豪華な生活
サーフィン・海の仲間
バイク, トラック&レース
各種バトン(笑)
災害・トラブル・緊急対応
しょうもない没記事・写真未公開
函館・小樽・札幌(北海道)
角館(秋田)
八戸・陸奥・大間・弘前(青森)
酒田(山形)
仙台・栗駒高原(宮城)
長岡・新潟(新潟)
富山 (北陸)
水戸・友部(茨城)
甲府(山梨)
青森(青森)
熊本
高尾山
横手(秋田)山形
岩手(盛岡・花巻)
会津若松・郡山(福島)
音楽仲間
栃木県
別府・博多(九州)
ライフログ
その他のジャンル

カテゴリ:バイク, トラック&レース( 8 )


オレンジ色のピックアップトラックが欲しい~♪

c0039520_12293273.jpg
おは!
どう?快調???
ガツンっと行ってる?
今週もあともう一息!ゴリゴリ行こうぜ!!(笑)
・・・・・・・・。
今日はちょっとばっか学生の時の話でもしようかな。
19才の時の話をね。

What is your dream car?

by tsurumannen | 2006-02-03 12:30 | バイク, トラック&レース

空飛ぶ鉄騎士

c0039520_082973.jpg
おは!おっつです。
週も中盤どう?頑張ってる?
・・・・・。
ハイ!お待たせいたしました。
スーパークロス報告を今日はしちゃいます。
ハイハイ、ここはAngel Studium!!
アナハイムにある野球場。僕の家から車で15分ぐらいかな。
ディズニーランドの近くだよ。
c0039520_0102997.jpg
スーパークロスって何って言うところから始めなくっちゃだよね。スーパークロスは 野球場やアメリカンフットボール場などのスタジアムに人工的に造成したコースでオフロードバイクのレースをするんだ。大きな都市で行われるので気軽に観戦できて大人気なんだ。
この日もエンゼルスタジアム4万5000人満員だったよ。
もう、観客は一日がかりで楽しんでいてホットドックかじりながらビールをたらふく飲んで大騒ぎだったよ。
c0039520_0105611.jpg
レースの予選の方法なんだけれどモトクロス250ccのクラスはランキングによって20人ずつ2回ヒートを行って上位4人づつが予選通過で その後セミファイナルを2回 6周づつ、最後に上位5人づつが残って決勝に進出するわけ。
スタジアムの中に土盛りして物凄いジャンプを繰り返しながら戦う鉄騎士20人のバトル、本当に凄まじいものがあるよ。
c0039520_0111931.jpg
シリーズは年間16戦行われていて今回はもう既に第3戦目。アナハイム、フェニックス、サンフランシスコ、サンディエゴ、セントルイス、アトランタ、インディアナポリス、デイトナ、オーランド、デトロイト、ヒューストン、アービング、シアトル、ラスベガスと転戦してゆく。
そのなかでもここアナハイム・エンゼルスタジアムでは特別に2回行われるんだ。
c0039520_0122356.jpg
さあ、だいたい様子がわかったらスタジアムに行ってみようか?
ほら!物凄い歓声が上がってきたよ。
アメリカ国歌をみんなで起立して歌っているよ。
c0039520_0133080.jpg
ドッカ~ン!花火が派手に打ちあがっていよいよショーのスタートだぁ!!
c0039520_0142347.jpg
観て!この満員の観客!!野次も飛ぶとぶ!
ほとんど4万人全員酔っ払い状態!!(笑)
c0039520_0163979.jpg
さあ、決勝前選手達が一同にスタートラインに並び始める。
c0039520_0173100.jpg
係員、審査員も選手から離れて一斉にエンジンがかかる。
c0039520_0173140.jpg
30秒前の合図が掲げられる。いやああ!素敵なお姉さん~!!(笑)
c0039520_0181413.jpg
さああ!スタート!!!!Go!Go!Go!Go!Go!Go!
c0039520_0194315.jpg
20人一斉にスタート!凄い爆音とともにガンガン突っ込んでいく!!
行け!行け!!!
c0039520_020354.jpg
さあああ!アップダウンを軽々こなして超スピードでコーナーを攻める!!!!
c0039520_0215745.jpg
来た来た来た~!!!!!!ジャ~ンプ!!!オーーーーーーー!!!!
c0039520_0221692.jpg
早すぎてシャッタチャンスが間に合わない~!!!!ジャ~ンプ!!!オーーーーーーー!!!
c0039520_0234924.jpg
これって飛んでませんか??????ピョ~~~ン!!!!(笑)
c0039520_0242330.jpg
そんなに高く飛んじゃうわけ??ロケット状態だよね!!!!!
天空から人とバイクが降ってくるんですけど。(笑)
c0039520_0254015.jpg
これはエキジビションとして7歳児のレース!!これって大人顔負け!!
僕もここで走ってみたい!!
ぶるうううんん・・・・ぶるうううううるるるるんんんん!!!!
c0039520_0261860.jpg
こんな時から自転車じゃなくってバイク操っていたら本当に凄いよなあ。
こういうネアカなところアメリカ大好き
好きだったらとことん人生かけちゃうって感じ。
c0039520_028420.jpg
さああ!今週も中盤フルアクセルでカッ飛ぼうぜ!!
ぶるうううんん・・・・ぶるうううううるるるるんんんん!!!(笑)
Hey! Let's go!!!My buddy!!

by tsurumannen | 2006-01-25 12:30 | バイク, トラック&レース

フル・アクセル!まさに、1,000馬力のエクスタシー!!(その弐)

おは!おっつです。
元気?そっちの天気はどう?
LAは珍しく日曜から雨が降り続いているよ!
・・・・・・。
ねえ?運転する時スピードってどのくらい出す?
え?
精一杯出して時速15Km??
Naoっち!??ちゃうちゃう、英会話学校行く時のチャリのスピードじゃなくって・・。(笑)

僕は通勤では高速で80Mile。抜かす時で90Mile(140Km)ちょっとかな?
ねえ?時速200mile(320Km)って速さ想像つく?
車のメーター何キロまでメモリ書いてある?僕のは160mile,250kmまでだな。
フルアクセルしたらそこまで出るんだろうけど・・・。

今日は昨日に続いて時速300Kmを出してのバトルの話。
ねえ!今日はハンドル握ってフルアクセルのつもりで聴いてね!(笑)
c0039520_543450.jpg
これが僕の大好きなドライバー、トニー・カナーン!!
98年にCARTでルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。
03年からインディカーレースにフル参戦。
その年は第2戦でポールポジションスタートで優勝を果たし
昨年は2戦、5戦、8戦で見事優勝、のドライバーチャンピョンを獲得した。
168cm66kgの小柄な体から炎がほとばしる。
ブラジルの星!!
たまたま、トニーがバイクでひょっこりパドックから訪れた!感激!!パチリッ!
c0039520_236453.jpg
naoっち!更にご要望にお答えしてもう一人(笑)ご紹介、ダリオ・フランキッティ!!
アンドレッチィ・グリーン・レーシングチームゼッケン#27。
スコットランド出身175cm、69Kg32才。
c0039520_538125.jpg
ジャジャ~ン!これがダニカ・パトリック
カレンダーにサインしてくれている所をパチリ!(笑)
なんと、10歳からカートレースを始め、数々のチャンピョンシップにチャレンジ。
今年女性ドライバーとして2人目となるインディカー・シリーズへのフル参戦。
第8戦カンザスでは初のポールポジションを獲得する快挙を成し遂げ、その時に上のトニー・カナ-ンが今期初勝利を飾った。
その後の彼女は絶好調、初参戦とは思えないタフネスで既に3回のポールポジションを獲得している。
155cm、45kgの彼女のどこにそのパワーが隠されているのか直線距離では時速330kmのモンスターマシンを見事に操る。
c0039520_5444749.jpg
さああ!そろそろスタートの時間が近づいた!僕も観覧席の方に移動しなくては!!
トニー!ダニカ!頑張れ~!!!
c0039520_5462484.jpg
Oh, say can you see, by the dawn's early light,
What so proudly we hailed at the twilight's last gleaming?
Whose broad stripes and bright stars, through the perilous fight,
O'er the ramparts we watched, were so gallantly streaming?
And the rockets' red glare, the bombs bursting in air,
Gave proof through the night that our flag was still there.
O say, does that star-spangled banner yet wave
O'er the land of the free and the home of the brave? c0039520_11523292.gif





c0039520_5485316.jpg
イヤアアアアアアアアア!アメリカ国歌(闘いの歌)が斉唱され会場が盛り上がる!
さあ!ドライバーがそれぞれのコックピットに入り込む。
c0039520_550688.jpg
エンジンがかかりピットから次々と闘いの車が発射してゆく。
c0039520_5511519.jpg
マーシャルカー(先導車)を先頭に各車が順番に走っている。
タイヤ内の温度を暖めるために蛇行して走る車達。
c0039520_5521778.jpg
マーシャルカーを先頭にコーナーをゆっくり廻ってきた挑戦者達。物凄い轟音だ。
耳栓をしないでいると夜に耳鳴りがして大変なことになる。(笑)
c0039520_602290.jpg
このスタート前慣らし運転のスピードだとやっとこカメラに収めることができるが、海でもそうだが望遠レンズ付のデジカメが欲しい!
ああ!小笠原さん~!!!Help!!!(笑)
さあ!スタートしたよ!
トニー!ダニカー!頑張れ~!!!
c0039520_624981.jpg
これが電光掲示板。あとはこの掲示板と放送だけがたより。
首を横に振りながら(笑)車体ナンバーを確認し、電光掲示板で順位を確認。
とにかく時速300kmでかっとぶ車を追うのはホームで新幹線 のぞみの通過をずっと見るようなものだ。(笑)
放送でどこでデットヒートしているのかを探る。
電光掲示板の見方はまずはRAPで何周目かを確認。
これは10周目だ。あと190周で決着がつく!(笑)
上から車体番号とラップ差が表示される。
トニー#11ダニカ#16
現在トニーは4位、ダニカは7位につけている!
頑張れ頑張れ!!
c0039520_642216.jpg
おお!コース内でクラッシュが起こった!
イエローフラッグで一気に巡回速度を落とさせる。
しかしながらラップはそのままカウントされレースはイエローフラッグのまま周回が増えてゆく。
c0039520_66115.jpg
このカリフォルニア・グランプリはトヨタが全面的にスポンサーしているためあちこちにトヨタの文字があしらわれている。
選手達の紹介もトヨタのタコマ(トラック)にそれぞれを載せての紹介だった。
c0039520_66498.jpg
再びマーシャルカーに引っ張られて全車一線に並んでカルガモのように走ってくる。
c0039520_68797.jpg
さああ!レース再開!!ほら!写真に写らない!(笑)
シャッターは随分前に押さえているんだけど撮れるのはコースの道路だけだったりする。
c0039520_612986.jpg
ダニカ・パトリックの紹介が掲示板に打ち出されている。
出身はイリノイ州ロスコアと書いてある。ダニカ~頑張れ!
c0039520_6131516.jpg
各選手、ピットインを繰り返し、燃料補給、サスペンションチェック、タイヤ交換をする。
そのタイミングに順位が大幅に変わってくる。
89ラップ目でついにダニカがトップ。タイヤ交換をしたトニーは14位。
トニー頑張れ!!
c0039520_616874.jpg
他のチームもピットに入ってタイヤ交換をする。この数秒が勝敗を決める。
c0039520_6194780.jpg
ふと周りを見わたすと皆耳栓やヘッドホンセットをして耳を守っている。こういうヘッドホンセットがCoolだなあ!
c0039520_6203699.jpg
うわ!!今のダニカのスピードが表示された~!!
なんと 時速214.8マイル!!それって時速340KM以上じゃない!
人間業とは思えない!!
c0039520_6253649.jpg
レースも中盤から後半へ、1秒台での争いなので油断が出来ない。周回遅れの車と先頭の車が並んで走ることもある。
このオーバルコース周回たった2マイル(3.2KM)だから観客席から全て見わたす事が出来る。
c0039520_642638.jpg
おおおっと!クラッシュ!!!!!!!!!
だれだああああ??
えええええ??#16????
ダニカ~!!!!大丈夫かぁ??????
掲示板の大スクリーンに再現VTRが映し出された。
バトルを繰り返す隣の車がリアのホイールに接触タイヤがバーストし壁に激突している。
c0039520_6435852.jpg
ああああ!ダニカが自力で車体から這い出して歩き出した!
会場から温かい拍手のウズ。
おおお!良かった良かった!!
良い線行ってたのに!悔しいなあ!!!!
あと残す所たった20周だったのに!
残念!ダニカ!!!
c0039520_6472867.jpg
このクラッシュのために微妙に順位が入れ替わった。
トニーが知らぬ間に2位に浮上。
首位を行くダリオ・フランキッティとノーズ・トゥ・テイルのバトルを繰り返し最終コーナーではほぼ横に並びともにゴール。
残念ながら2位に甘んじた。
ダリオ・フランキッティは今シーズン2勝目をポール・トゥ・ウィンで飾った。
・・・・・・・。
試合後にとっても素敵なニュースが入ってきた。今回バーストしてリタイヤしてしまったダニカ・パトリックルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたというのだ。
今回残念ながら優勝を逃してしまったトニーは優勝2回、準優勝3回で総合ランキングは2位となった。
ダリオ・フランキッティは総合ランキング4位となった。
ドライバーズチャンピョンはイギリス出身のナイスガイダン・ウェルドンだった。
c0039520_6502545.jpg
アメリカは自動車社会だ。
車大好き人間が沢山いる。
街を走っているとクラッシックカーや手の込んだオリジナルカーが一杯走っている。
又来年もこの最終レースを観に来るが楽しみだ。
ふと遠くの山を見るとカリフォルニアでも山には雪が積もりだしている。
知らぬうちに冬がそこまで来ているのだ!

by tsurumannen | 2005-10-19 11:30 | バイク, トラック&レース

爆音!ため息!総立ちの声援!(その壱)

c0039520_23153086.jpg
おはよ!
今週も始まったね!
元気?週末はたっぷり充電したかな?
・・・・・。

僕はこの休みに IRL インディカー・シリーズ 第17戦 カリフォルニアグランプリに行ってきました。
珍しく朝から雨のカリフォルニア。
それでも沢山の観客の熱気で会場は包まれていたよ。
c0039520_23213190.jpg
まずはインディカー・シリーズって何?って言う所から説明しないとわからないよね。
「世界でもっとも重要なカーレースを3つあげれば?」という質問にどう答える?
え?あんまり、レースは興味ない!??(笑)
うんん、そうかもしれないね。
フェラーリーって知っている?
もう亡くなっちゃったんだけれど、そのエンゾ・フェラーリにその答えを言ってたのは
「モナコ・グランプリ、ル・マン24時間レース、そしてインディ500」と答えたんだ。
c0039520_23241397.jpg
インディ500ってBolg仲間のひげモロコシのまゆみちゃんのいるインデアナ州インデアナポリス1911年って言うから今から90年以上も前に始まったレースなんだよ。
アメリカ人にとってのインディ500ってフランス人のル・マン24時間レースに匹敵するイベントなんだ。
c0039520_23243910.jpg
その後、アメリカ各地でこのような車のレースが始まって1980年にインディー・カー・レースのオーナーが集まってCART(Championship Auto Racing Teams)と言う組織を作ったんだ。
 それでCARTレースがドンドン伸びていったんだけれど、コースもオーバルコース(楕円形)のみで行われていた原点から段々かけ離れてきて、ターボエンジンを使ってどんどんお金がかかるレースにエスカレートして行ったんだ。
それを見かねたトニー・ジョージ(インディアナポリスのレース場のオーナー)が 原点復帰を唱えてよりシンプルな元に近いレースをという事で現在のIRL(Indianapolis Racing League)を提案し、発足させたんだ。
その後両リーグで激しい観客動員のバトルが繰り返されたけど 2001年以降はほとんどの主力チームがインディー・カー・レース側に移ってしまってほぼ決着がついたんだ。
c0039520_23234150.jpg
こんな事書いているとなんかややこしいレースのようなんだけれど、実際は非常にアメリカ的でシンプルなレース。
オーバル(楕円)のコースを200周走って誰が一番早いか決めるレースなんだ。
エンジンもターボチャージャー無しのシンプルな高出力のエンジン。
ただ200周廻るだけだから(笑)勝負の行方も1秒以内に強豪が全部かたまる。
1位・2位の差が500分の1なんて時もあった。
c0039520_23253243.jpg
どのくらいこの車たちが早いかといえば直線コースで時速210マイル(330KM)以上、今、これはエンジン調整している所なんだけれど、200周走る平均時速が200KMを超える!
今回もそうなんだけれどレース中に横からカメラを構えて撮ろうと思っても早すぎて道路しか写らない。(笑)
c0039520_23255529.jpg
車のボディ(シャシー)もその最高速での操縦性を考えた特異なスタイルをしている。
当然、ドライバーの乗るキャビンは体がグッとグリップされどんなG(重力)にも絶えられるように設計が考えられている。
c0039520_23305440.jpg
レーシングチームはエンジンを担当するもの、シャーシーを担当するものに分かれてそれぞれ専門屋たちが活躍するんだ。
エンジンは例えば日本のメーカーで言えばToyotaやHondaが供与し、シャーシーはそれぞれのシャーシーメーカーが調整しているんだよ。
Blog仲間でも「たくさんのありがとうを君に・・・」の英国に住むKanaちゃんはF-1関係の相当オタクなので彼女の記事を読むともっともっと色々な事を勉強できるかも知れない。
c0039520_2331347.jpg
そう、このレースでも頑張っている日本人がいる。
ゼッケン55番、スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシング・チームの松浦孝亮(Kosuke Matsuura)だ。
このチームは元々フェルナンデスのチームだったんだけれど、元F-1ドライバーの鈴木亜久里が共同オーナーで入って、この松浦孝亮(Kosuke Matsuura)が昨年、シリーズのルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたんだ!
後はゼッケン24番のロジャー安川がホンダのエンジンを搭載しているドレイヤー&レインボールド・レーシングで参戦している。
今回もこの二人には頑張って欲しいなあ。
c0039520_23322465.jpg
レース直前のパドックの中はあわただしい。裏方が飛び回っている。
レース関係者もあちこちで準備で忙しく走り回っていた。
c0039520_23315252.jpg
試合前の緊張した面持ちでドライバーもそちこちにいる。
僕は今回は2人の応援をしたい。
一人はブラジル出身のトニー・カナ-ン
アンドレッチ・グリーン・レーシングはCARTで42勝の歴史を持つ名門チームだ。
それから、アメリカ出身の女性ドライバー、ダニカ・パトリック。
彼女はレイホール・レターマン・レーシングチーム
c0039520_23333613.jpg
マシーンもモンスターだがドライバーはアメリカでは英雄に近い。
これは本当の話。
モータースポーツの勇者の扱いはヨーロッパやアメリカでは特別に高い。
日本で言うと日本経済新聞の第1面に勝者の顔が載るぐらいの感じと思ってもらえば良い。
ねえ?Naoっち?彼なんかどう?アップで撮ったよ!(笑)
c0039520_23341215.jpg
各メーカーやチームはパドック裏にテントを建てて仲間を呼んで試合前の食事をする。
トレーラーハウスに山ほど飲み物や食べ物を積み込んで打ち合わせや試合の出来具合を話し合う。
c0039520_23363078.jpg
おおおお!美味しそうな匂いがプンプンと漂ってくる。(笑)
腹減った~!!!
あひる(朝昼)ご飯食べたいっす!
おおおお!お腹が鳴ってきた~。
c0039520_23352734.jpg
なんだ?バットマンがどこかで食事中????
ああ!こういう雰囲気が好きだなあ!
アメリカだなあって感じる瞬間。
c0039520_233661.jpg
おおお!煙そうだけど、そのステーキ美味しそう。
良い香りだなあ!!
c0039520_23363350.jpg
あれ!電子釜!おしゃもじもあるし、ふりかけと海苔もあるじゃあん!醤油もあるし。
あれあれ、ごま煎餅が置いてある!
うん!食べる食べる!!!(笑)
なんか横のプリンも美味しそう!!!
c0039520_2337248.jpg
よおおおおし!ステーキに御醤油かけて、ご飯にお海苔に(笑)
腹ごしらえが出来たらダニカトニーの応援に行くぞう~!!オー!!

つづく。(笑)

by tsurumannen | 2005-10-18 11:30 | バイク, トラック&レース

砂漠でバギー!!(鉄騎士の詩)

サンドイッチでお腹がふくれた後は少しばかり腹ごなし・・・・。
今日は本当に天気が良い!乾燥しているので汗は出ない。
喉が渇いて水がいくらでも飲める。
c0039520_1202010.jpg
Mikeがトラックに積んできた50ccの改造モトクロッサーをEricの息子にチャレンジさせようと各ギアのトルクの話を一生懸命している。
80ccにボアアップされたこのバイクはまるで可愛いおもちゃだ。
c0039520_1215523.jpg
さてさて・・・。
そろそろバギー隊を編成して長いトレールツアーに行こうか!!
ここはどこまで走っても砂漠がずっと続いて山あり谷ありでスリル満点。
おおおおいいい!そろそろ集まって行こうぜ!!!
メットつけてグローブ着けろよー!!
c0039520_1224588.jpg
アイドリングなんか必要ないよ!!おおおおいいい!
まとまりが悪いなあ!!(笑)
集まれー!!!
c0039520_123941.jpg
女性ライダーも何人か集合!!
良いねえ!彼らとってもうまそう!
バギーは50ccから軽トラックと同じ排気量の550ccまで好きなのにまたがっている。
c0039520_1221945.jpg
隊長!!(笑)集合しました~!!オー!!!
そいじゃあ!準備OKかあ?
c0039520_124664.jpg
おおおいいいい!行けるかあ?そろそろ出発だぞ!!
Can you hear me? (笑) Are you ready????????
c0039520_1254474.jpg
Yeaaaaaaa!!!
行くぞー!!!オー!!
c0039520_125913.jpg
出発!!
c0039520_125385.jpg
それぞカルガモ走法!!(笑)
c0039520_1214399.jpg
バギーって路面のでこぼこをシッカリひろって身体にガンガンくる。
最初は50ccに乗ったんだけれど非力すぎて面白くなくなっちゃった。
c0039520_12161877.jpg
やっぱり、250cc以上が乗って面白い。
パワーもあるし山や谷を走っていてもスピード、スリル満点。
c0039520_12174680.jpg
こんな坂だってパワーがあるから安心して登れる。
c0039520_1217867.jpg
下りはやっぱり怖いけどまたまたそのスリルが病みつきになる??(笑)
c0039520_1218571.jpg
こんなひろい砂漠の中で青空を見上げながら走くりまわるのって良いなあ!
このバギーって牧畜農家では馬代わりに野原を走り回るんだ。
c0039520_1219181.jpg
農園では収穫前の広大な畑を見回ったり、猟銃を背中に下げて狩りにも使うんだよ。
広大なアメリカの台地ではこんな道の無いところを走り回る車は必需品だったりする。
c0039520_12212652.jpg
見てみて!ギアは5段変則でアクセルはなんと耕運機のように右ハンドルにレバーがついていてそれを親指で押して走るんだよ。(笑)あああ!今日は散々走り回って明日の朝が筋肉痛で体中痛いんだろうなあ!(笑)
c0039520_12244037.jpg
約1時間野山をバギーで走り倒して帰ってきた。一体今日はどのくらい走ったのだろうか?
トータルで10台以上のモトクロスやバギーに乗って遊んだ。
水も暑くって何リットルも飲んじゃった!(笑)
c0039520_12252191.jpg
さあ!みんなで片付け、片付け!!お疲れ様でした!!!
c0039520_12254412.jpg
MikeもEricも今日あった事を楽しそうに話している。
Ericは自分の持っている230ccのトレッキングバイクが250ccのやつよりどれほど乗りやすいか自慢話に花を咲かせていた。
いやあああ!バイクって楽しいなあ!
やっぱ最高!!
c0039520_12273132.jpg
朝から夕方まで散々遊んで片付けも終わって解散だ!!

See you again!!
また やろうね! 皆にすぐまた逢いたいなあ!

走った!転んだ!笑った!!大空も真っ青で笑っていた!
ああああ!最高の週末だったよ!!

by tsurumannen | 2005-10-06 14:30 | バイク, トラック&レース

タ~~~♪走った♪転んだ~♪青空が笑ってた♪

土曜日は朝7時半にMikeと待ち合わせてGormanという山にバイクに乗りに行った。
Yellowstone国立公園でもハレー・ダビットソンをたくさん見て体がムズムズしていたんだ。
c0039520_1121460.jpg
今回は待ち合わせの場所からMikeのトラックに載せてもらってLAダウンタウンを抜けて目的地のGormanを目指した。
c0039520_11232116.jpg
ここはカリフォルニア州立公園HungryValleyVehicularRecreationAreaだ。
c0039520_11235182.jpg
今日はバイク好きが30人ぐらい集まる予定。
Ericとその息子も先に到着していて愛車のバイクを降ろしているところだった。
c0039520_1126969.jpg
さああ!バイクバギーを降ろし終わって乗るのを待つばかり!!
イーハー!!早く乗りたい~!!!!!
c0039520_11281461.jpg
それ!先ずはモトクロスから乗ろう!乗ろう!
僕は70ccのちっちゃなのからスタート♪(笑)
体重230ポンドの巨体のMikeと僕も立派な身体なのでまるで大人が3輪車に乗って遊んでいるようだった。
c0039520_11283870.jpg
ここの砂漠はラトルスネークつまりガラガラヘビが一杯いるので気をつけないと・・・・。
c0039520_11292360.jpg
サーーーー!ガンガン攻めるぜー!!!70ccの次は125ccに乗り換えて砂地を攻めてみる!
ホイイイイイイ!!!!!
面白いいいイイイ!!!
c0039520_11301641.jpg
ニハハハハ!!!ウハハハハハハ!イシシシシシーーーー!
最高!!!死んでも良い!(笑)
c0039520_1134563.jpg
出たな妖怪!!(笑)
バイキンキ~~~ン!!って言うかアンパンマンのような顔だあ!
c0039520_13364450.jpg
ホレ!見て~この坂!この坂~!!
c0039520_11364614.jpg
ホラ!ホラ!見てこの勾配!!遠くから見るとそうでもないけど近くで見ると凄い坂だよ~!!
c0039520_11371023.jpg
ブウウウンンン!ブウウウウウンン!アイドリングも充分だ!!!ブウウウンン!
c0039520_1141134.jpg
さあああ!登ったるぜ~!!!タ~~~~~!!
c0039520_11402262.jpg
イケイケ~~~!!!!!ダ~~~!!
c0039520_114275.jpg
オラオラオラ~♪(笑)
c0039520_11423114.jpg
下りもダ~~~~!!!!!!!(笑)
c0039520_11461724.jpg
イヤアアア!下りは見ているより怖いんだよ~!!(笑)
c0039520_11463545.jpg
おおおおお!下ってきてから見るとやっぱ凄かったかも!
c0039520_13314566.jpg
ヨッシャアア~~!呼吸も整えて・・・・・。準備良いかな~!!
c0039520_11521355.jpg
さあああ!もっかい!!登りだ~~~~!!!!(笑)
c0039520_11511949.jpg
ホイイイイイイイイイイ~~~!!下りだああああああああああ!(笑)
c0039520_11552544.jpg
続け~~~~!!!!(笑)
コケル!コケル!!ぶっ倒れて大の字になった!!空が青かった!
空が笑ってた!!
c0039520_13283915.jpg
散々遊んでお腹がすいてみんなそろそろ昼ごはんだぞー!!!
あああああ!腹減った~!!
c0039520_1329982.jpg
おおおおお!メシメシメシ!!!
はららへらああああああ~~!!
c0039520_1211577.jpg
昼飯!昼飯!昼飯!!!ひるめし~!!(笑)
c0039520_11553657.jpg
Mikeも日系2世のKen親子も十分バイクを楽しんだ。良い汗かいたなあ!
Kenは2世なんだけれど全く日本語が喋れない。
カリフォルニアは日系人が26万人も住んでいる。全米で日系人が一番多い州だ。
ちなみにハワイは日系人が20万人で2位だ。
c0039520_1156788.jpg
さあ!野郎ども皆で買ってきたハムやローストビーフや野菜を挟んで楽しい昼飯だ!!
午後はカルガモ走法で今度は4輪バギー隊で砂漠ツアーだ!

この続きはまた明日!!(笑)

by tsurumannen | 2005-10-05 15:30 | バイク, トラック&レース

コンボイ・ドライバーのジョー

c0039520_2584591.jpg
Hey! Yoshi, I'll show you something.・・・・・
彼はそう言って 丸太のような腕の袖をめくり上げた。
そこには浮世絵の見返り美人のような刺青がほどこされていた。
“オレが19歳の頃、沖縄にいたんだ・・・・・。”
クリズリーベアのような大きな体を揺らしながらジヨーは語り始めた。
c0039520_301355.jpg
ジョーの家はネバタ州。 息子達も独立して奥さんと二人で暮らしているという。
彼の仕事はコンボイ・トラック・ドラーバー。
一日に500マイル(800KM)走るという。
c0039520_314538.jpg
インターステイト(高速道路)20号や西海岸のルートを主に仕事にしていて北はカナダ、アラスカから南はメキシコまで色々なものを運んでいる。
果物、雑貨、コンクリートパネル、馬・・・・・。
c0039520_31624.jpg
一回の依頼で約5日~8日自宅を空けてハイウェイを走り倒す。
奥さんの趣味は家庭菜園作りで美味しい野菜が自宅で食べられるらしい。
ネバタ州というとモハビ砂漠やディス・バレー(死の谷)国立公園もあり、僕のイメージは 乾燥した大地という感じだがそんな家庭菜園が出来る所に住んでいるらしい。
c0039520_324026.jpg
アメリカの大地は広大で日本のように鉄道が網の目のように敷かれているわけではない。
物を運ぶのは皆コンボイ・トラック・ドライバーの仕事だ。
フリーウェイ(本当にタダ!)がアメリカ国中網の目のように通っている。
昨日記事にした川のごとくアメリカ国内を縦断、横断している。
ジョーは19才の時に沖縄の基地に勤務していて日本にはとっても良い印象を持っていた。
沖縄で食べた食べ物の事とかオフの時に行った海の美しさだとかしわがれた低い声で話してくれた。
僕も沖縄は大好きで首里城やビーチの話、ソウキそば食べてシークワーサーや泡盛を飲みすぎて腰がぬけっちゃった事件(笑)なんかを話した。
c0039520_3174848.jpg
彼は色々職を変えたようだがこの職業については今とっても気に入っていると話していた。
一つだけ、家族と一緒にいられる時間が限られているのが残念な事だとちょっと寂しそうだった。
ジョーはいくつなんだろう?きっと60歳は超えていると思われるその顔には深い皺が一杯よっている。
大きな顔の中に幾重もの皺があってその奥に瞳がついていた。
アメリカは定年って言う概念が無いから仕事を探しても年は聞かれないし自分が働こうと思えば何歳までも働ける。
c0039520_325892.jpg
そういえば海の仲間のTerumiも日本でトラックドライバーをやっていて建築資材や変わった物で言えばミサイルの発射台とかを積荷で運んだ事があるって話してたっけ。
トラックっていっても日本のトラックとは大きさが比べ物にならなくってコンボイといわれるこれらのモンスターマシンは見ているだけでドキドキしてしまう。
日本名で”追突”だったっけ?コンボイにずっと追いかけられ続ける恐怖映画が大昔あったよね!?こんなのに後ろから追っかけられたら生きた心地しないなあ!?(笑)
c0039520_345740.jpg
大きな大きなアメリカの大地を毎日駆け抜けているコンボイ。
旅の途中でのちょっとした会話だったけれどもこんな所へこなかったら彼には絶対会えなかっただろう。
僕はトラックを見るのも好きだ。広大な台地の中を大きなコンボイは走る。
真っ赤なコンボイ、広告を全身にあしらったコンボイ、エキパイがまるで牛の角のように、時には般若のお面のように見えるコンボイ。
c0039520_3131112.jpg
ジョーとはレストエリアでコンボイの写真を撮っている時に出逢って、話しているうちに意気投合して話し込んでしまった。(笑)
大きな大きな体のジョーも話し出してみると楽しい男でついつい話が長くなってしまった。
c0039520_31361.jpg
一台一台にドライバーがいて一人一人に人生がある。

"Hey! Joe!!See you again! "

“Have a nice trip!  Yoshi"


また逢おう!とお互いに言って彼は南を 僕は北を目指した。

by tsurumannen | 2005-08-19 11:30 | バイク, トラック&レース

バイク!バイク!バイク!

c0039520_2315697.jpg
おは!元気してますか?
日本では宮城沖でまた大きな地震があったみたいで怪我された人は大変だなあ。
あの福岡の地震からそんなに経っていないので日本が心配です。
・・・・。
さてっと、今日はイエローストーン旅行の時に何枚かUPしたけど大好きなバイクのお話。
旅行に行くとやっぱり被写体は大好きなものにすぐに向く!(笑)
例えば食べ物だったり、動物だったり・・・。
こんなセクシーなバイク見ようものならエクスタシー感じちゃう!(笑)
旅先でバイクが通るたび目で追ってしまう。
c0039520_23162097.jpg
僕が生まれて初めて買ったバイクは250ccロードモデル
その当時は三重県に短期で住んでいて休みとなれば必ず鈴鹿峠のヘアピンを越えて京都の友達の所へバイクで乗りつけてた。
三重側が晴れていると必ず京都方面は雨だったり、カッパを背負って寒いと股火鉢と称して股下にある剥きだしのエンジンで手を温めてバイクを転がしたものだった。
国道1号線が5条通りに替わって京都の四条河原町から友達のいる錦小路に着くと感動していたね。(笑)
c0039520_23185343.jpg
それから浜松に住んでいる時はオフロード250ccに乗っていて浜北を抜けて天竜川の上流や佐久間ダムや色々な所にツーリングに行ったね。
春の桜、秋の紅葉がとても素敵だったのを覚えている。
そしてひょんな事からアメリカ縦断バイクツアーに応募。
当時11名だったか日本全国から集まったランダムなバイク野郎がロサンゼルスに集合。
その時は500ccのVツインフルカウルのバイクを借りてツーリング隊を結成。
のんびりペースでカリフォルニアの101号ハイウェイを使ってツーリングを楽しんだ。
カリフォルニアってこんなに明るいんだぁって大感動したなあ!
c0039520_23193192.jpg
ドドドドって言う低いサウンドを股下に聴きながら照りつける太陽と戦いながら走り続けて・・。
九州や福島や日本全国からの猛者の集まりだったので楽しかったなあ!
え?
日本と違うじゃんって思ったのがバイカー同士のすれ違いザマの挨拶の仕方!(笑)
日本でバイクツーリングした人は知っていると思うのだけれど人差し指と中指を差し出したピースサイン
アメリカはサンブアップ!!親指をおったてて上に向けヨッシャーサイン!(笑)
すれ違うバイク一台一台に大喜びで親指立てていた。(笑)
最終のサンフランシスコの中華街で真っ黒に日焼けした野郎どもでの打ち上げは凄かったねえ!
c0039520_23203680.jpg
そんな経験をしているものだから今回イエローストーンに行った時に沢山のバイク野郎たちに逢って血が騒いだね!
やっぱりバイク見ると本当にすぐに触りたくなっちゃう。(笑)
LAに住んでいると通勤は高速6車線で大混雑なのでバイク通勤も良いなあって感じるよ。
そうそう!今時のバイクは排気量1800ccステレオ、クーラー付、バックもオートで出来るんだよ。これって、エンジンは小型車並みでしょ。総重量も当然200Kg以上。
でもこちらは女性のライダーも多くってカッコ良かったよ!
c0039520_23224354.jpg
3輪バギーも面白くって、三宅島に持ち込んで火山灰のダートを皆ですべりおりて遊んだ事があるんだけれど砂地やダートで遊ぶんだったらバギーも最高だなあ。
バギーは砂地でも楽しくって砂浜でもよく走ったよ。
でもトレーラーがないとバギー本体だけでは公道を走れないから準備が要るんだよね。
アメリカにはそういうバギーやモトクロスを走らせて遊べる所沢山あるので好き者にとってはこたえられたい環境だね。
c0039520_23242652.jpg
バイクって長い時間乗っているとなんか魔法のほうきに乗って空を飛び回っているような錯覚になって来るんだ。一本の棒にまたがってドコドコ走ってゆく感じ。
オープンカーでもこんな開放感絶対に味わえないよ。
いくつになってもバイクは夢を追い続けられる大人のオモチャだよね!(笑)
わかるかなあ~????

by tsurumannen | 2005-08-17 11:30 | バイク, トラック&レース